必要書類

1号営業に必要な書類

  古物商許可申請書に加えて以下の添付書類が必要になります。

書類名 個 人 法 人
 法人の登記事項証明書 ×
 定款 ×
 住民票 ※1

申請者と管理者全員

役員全員と管理者全員

 市町村長の発行する身分証明書 ※2

申請者と管理者全員

役員全員と管理者全員

 登記されていないことの証明書 ※3

申請者と管理者全員

役員全員と管理者全員

 略歴書(最近5年間のもの)

申請者と管理者全員

役員全員と管理者全員

 誓約書

申請者と管理者全員

役員全員と管理者全員

 営業所およびその周辺の見取図

 営業所の賃貸契約書のコピー

 営業所の使用承諾書 

    ※4  

※4

 駐車場等保管場所の賃貸契約書のコピー

    ※5

※5

 URLの使用権原を疎明する資料

 ※6 

※6

 

 ※1 住民票の写しです。(本籍(国籍)があるもの、外国人にあたっては、

    在留資格等が省略されていないもの(交付先:市町村役場)

 

 ※2 以下のことが明記されている市町村長の証明書(交付先:市町村役場)

    ・成年被後見人とみなされる者でないこと

    ・被保佐人とみなされる者でないこと

    ・従前の例によることとされる準禁治産者でないこと

    ・破産者で復権を得ない者に該当しないこと

    

 

 ※3 成年被後見人または被保佐人に該当しない旨の登記事項証明書

    (交付先:法務局、地方法務局(支局・出張所を除く)東京法務局のみ郵送申請可

 

 ※4 古物の営業所に使用する旨の営業所所有者の承諾書

            営業所が正規に確保されているかを確認するものです。

    自社ビル、持ち家の場合は必要ありません。

 

 ※5 自動車等の買取りの場合、保管場所が確保されているかを確認するためのものです。

    賃貸ではなく自社・自宅敷地内に保管する場合は、保管場所の図面や写真等

    保管場所が確認できる資料が必要になる場合があります。

 

 ※6 ホームページを利用して非対面により古物取引を行う場合は、

    プロバイダ等からURLの割り当てを受けた通知書の写しなど

2号営業に必要な書類

 上記の1号営業の許可申請時に必要なもののほか、

 ・古物市場の規約が必要です。

  この規約には、

  ・古物市場の開閉の日時

  ・古物市場における取引の要領

   などを記載しなければなりません。(施行規則第1条第3項第4号)